夏目恭宏オフィシャルサイト
ホームレッスンパフォーマンスコンサートブログお問い合わせ
プロフィール 夏目恭宏 夏目恭宏

愛知県豊橋市出身。 明治大学文学部西洋史学専攻卒業。
ポーランド国立ワルシャワ音楽大学本科ピアノ専攻学士課程、修士課程修了。
ソリスト、室内楽共に修士号取得。
ピアニスト、編曲者、指導者として精力的に活動。
在学中よりコンサート活動を開始し、日本、ポーランドを拠点に国際的な演奏活動を展開。
2005年から毎年、夏の国際音楽祭「ショパンと過ごす夏」(Busko-Zdroj , ポーランド)
に招喚されソロリサイタルを務めている他、ワルシャワフィルハーモニーはじめポーランド各地での多くリサイタルを担当。
ワルシャワ音楽大学ショパン生誕200年記念コンサート、日本・ポーランド国交回復記念コンサートにて演奏。
2008年から2010年まで、神戸にて福島寿史氏監修ショパン没後シリーズで音楽担当。
2009年より毎年、東京やなか音楽ホールにて「夏目恭宏ピアノリサイタル」シリーズを開催。
2014年からSOGEIDOショパンプロジェクト~レクチャーコンサート「みんなが知ってる!?ショパン」を開始。
ピアノ・デュオ、トリオゼスタでの演奏をはじめ、室内楽奏者、伴奏者としての活動も多岐にわたる。
指導者としてピアノ演奏に関する公開講座、レッスンでの後進の指導にあたる。
猪狩良雄、B.ヘッセ=ブコフスカ、J.ステルチンスキの各氏に師事。
室内楽をM.ピオトロフスキ氏に師事。


ショパンの故郷に暮らした六年は、夏目恭宏の表現に沈静な詩情を与えた。
徹底的にテクストを読み込み、談りかけるように弾く。
解放された音の群れがひびきあい、宇宙を描く。
夏目恭宏は、まるで魔術師のように、我々の耳を誘惑する。
(文:三嶋彩子)




ニュース

2016/5/9>>>コンサート情報を更新しました。

2016/1/7>>>ブログが新しくなりました。 夏目恭宏のブログ「みかづきくらげのカデンツァ」

 

 






   2016 無題 ブログへ